Babymetal Legend S-洗礼の儀-あなたがここにいて欲しかった

 

f:id:tak4ree:20180330232925j:image広島グリーンアリーナ
2017年12月2日

素晴らしいセット、素晴らしいシチュエーション、素晴らしきファン、そして素晴らしきパフォーマンス。それなのになぜ、これほどまでに苦しく、悲しいのか。
そう、何故なら、この公演にはYUI-METALが不在だから・・。

広島グリーンアリーナに入場する直前にメールで知らされた不在に僕らはひどく動揺した。クロークに荷物を預けて、真冬の広島でTシャツ一枚で冷え込みに耐える、それにも増してその不在は辛かった。昼に配布された三種の神器をまとい、SU-METAL聖誕祭を心待ちにする僕らの笑顔は不安へと変わった。特にYUI-METALファンにとっては観る対象を失ってしまった。MOA-METAL贔屓の僕としても当然のことながら辛く、悲しい知らせだった。

 

そんな動揺を隠せぬまま入場となる。迎えてくれた会場にはこれまでにも増して凄いセットが造り込まれていた。メインステージはまるでどこかの聖堂にでも入ったかの様相だし、会場は花道で二分され、その上を動く巨大な六つのFOX HEADのついた可動ステージが暗闇に沈黙している。大きな刃の様な歯をむき出しにして凍結したかの様なキツネ達は実に素晴らしい芸術作品さながら。「こんな大道具見たことない!」実に圧倒された。

僕のいたのは一階上手の一番後ろのモッシュッシュピット。入るまでは暴れるしかないかなと思われたが、花道があったから近くでも見られるので良かった。とくにスタートからのキツネ達に惹かれて移動するSU-METALのステージは、僕らのいる場所からスタートして聖堂のメインステージへと移動する。新曲スタート。バイキング、森メタル系の勇壮な行進曲、そこから「IDZ」に繋がる。SU-METALはまるでフォースを身につけたジェダイの騎士のごとく、怪しげなマントに身を包み、僕らにXXの魔法陣の付いた杖をゆっくりと向けて横に一文字を切る。初っ端から興奮して揉みくちゃになりながらも、僕らはサークルモッシュで遊ぶ。続いて披露される「ギミチョコ」では、ピットの圧縮はなおのこと強まる。そして「アカツキ」だ。

今日はSU-METALの洗礼の儀だから「アカツキ」は泣ける。「アカツキ」はいつになってもSU-METALのナンバー1だと確信する。聴きながら、走りながら涙した直後に戦慄が走る。「GJ!」だ。YUI-METALがいないからセトリからは外されるだろうと思われたBLACK BABYMETALの曲だ!ステージには我らがMOA-METALただ1人いる。曲はYUI-METALと交互に歌う故にYUI-METALパートは無音。その状況に気づいた僕らメイトはYUI-METALパートを大合唱する。MOA-METALの2人分の全力が全員のハートを鷲掴みする。いつも笑顔を忘れないMOA-METALが真剣そのもの。YUI-METALの為にも、このショーは自分が2人分動いてSU-METALの洗礼の儀を成功させる、その一心の刹那が僕らに伝搬する。それは4の歌で最大の一体感となって会場が揺れる。YUI-METALは不在だったけれど、確かにあの場所に居た!僕ら全員の心の中にいるYUI-METALがそこにいた!意外ではあったがそんな光景が僕らの心を揺さぶる。


20の夜と歌われた「ヘドバンギャー!」を終えて、ひとしきりショーが一段落する。いよいよ「洗礼の儀」が執り行われる。ステージは燃え盛る炎に包まれ、XXの巨大な魔法陣に貼り付けられたSU-METALはキツネらに連れられてステージ中央に安置される。洗礼となる炎を受けて、新たな魂が宿りて、叫び声をあげる。生まれ変わったSU-METALが新たなショーをスタートさせる。「BABYMETAL DEATH」だ!こんなデスは無い。YUI-METALが不在でやるデスなんか思いもよらない。しかしそれがまさかまさかで目の前で歌われる。SU-METAL、MOA-METAL、そして僕らが叫ぶYUI-METALのパートが聖なるトライアングルを作り、会場一体となるBMDを歌う。ベビーメタルはやはりデススタートが良い。感動した。それでもやはり、YUI-METAL、あなたにはここにいてほしかった。頭の中にピンクフロイドの「Wish You were Here」が鳴り響く。そして再び闇に包まれた会場に2人の天使が舞い降りる。黄金の衣装を纏いしSU-METALとMOA-METALが、花道を歩く。花道の中央で出会った2人は「The One」の歌に合わせて天に昇る。六つのFOX HEADのステージがあたかも第六章に終止符を打つかのごとく高く舞い上がり、下界の僕らは星空を包まれる。僕らの纏う三種の神器が閃光を放ち、会場は壮大な光の中に包みこまれた。
ショーとしては、やはりなんと言おうとも最高のものであり、異次元な強度を持つものだった。YUI-METALにあの黄金の衣装を纏って欲しかった。ショーが素晴らしければ素晴らしいほどに、胸が締め付けられる。