読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TMの少年時代について

中学生の時、とある友達と知り合う。彼は一人っ子で、考え方が利己的でクラスに馴染んでいなかった。実は小学校でも同級だったが、接点もなく遊ばなかった。そんな彼がひょんなことから遊び仲間に加わることになった。

MR:ウチにさ結構いろんな音楽を録りためているから聴きに来ないか?洋楽なんだよ、洋楽。
TM:音楽?歌謡曲かい?なんだ?そのヨウガクって?サントラ?

そんな呆けた会話がキッカケで洋楽の世界に嵌り込んでいった。初めはフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのリラックスが好きでよく聞いていた。結構MRがよく録り溜めていたのでかなりの音楽がそのテープで聴けた。そこを足がかりにポリス、ジェネシスカジャグーグー、ZZ TOPなどの音楽に染まる。まあ、染まるって言っても、ガキでアルバムもロクに買えなかったからラジカセでエアチェックだった。はじめはモノラルのスピーカーが一つしかないボロボロのラジカセを死ぬほど酷使した。終盤はカセットテープを入れる部分が壊れて、差し込み式になった。ハイポジとかメタルエディションとか以前の問題だったな〜。
そして遂に、スピーカーが2コついたステレオ、重低音のどデカイラジカセを買ってきた。中学生で一番の買い物だった。おかげでエアチェックの質が向上した。リバースも自動でするし手間が省ける。(笑)そんなことで、FMファンだとかFMステーションなんかを買って特集物を徹底的にマーク、チェックして録りまくった。何故かカセットテープは手にはいったから手当たり次第に録った。
高校になり、学校が遠くなった。乗換駅にドイトがあって、中古盤屋が入っていて、フォーリナーとかジャーニーとかが二束三文の価格で買えたので毎週漁りに行った。その頃、テレビでは白と黒に唇と言う前衛芸術みたいなTOTOのアルバム、アイソレーションのCMがガンガン放送されていた。やはりエアチェック主体だと超メジャーなものがどうしてもメインにならざるを得ない。そんな中高校で、悪友2人に巡り合う。1人目ははSK。

SK:おめー、どんな音楽聴くんだ?
TM:TOTOとかプリンス。
SK:おめーがプリンスだ?
TM:うん、1999をエアチェックしてね、凄く気に入ってる。
SK:プリンスはやっぱり、パープルレインだよ、そして、リトル・レッド・コルベット。おめーにはわからないだろうがな。
TM:そんなに言うなら聴かせてくれ。カセットテープに入れてくれ。120分のカセットを渡した。すると数日後、カセットを持ってきた。

SK:裏にも入れといたから。
TM:ありがとう。

家に帰って聴いてみる。するとレコードの針が落ちる音から始まって、
「ハイディハイド-ハイダ、ハイディハイドーハイダ ハイディハイドハイダ、ハハハハハハハ」と懐かしい(様な)音楽が流れたかと思うと、いきなりハイトーンの叫び声が「アー」とはいる。衝撃的な音楽「Fast As A Shark」Acceptとの出会いである。

翌日
TM:「なんだよあの音楽。」
SK:「やっぱりお前にゃ理解出来なかったか。」
TM:「めっちゃかっこいいじゃんか、なんてグループだよ。」
SK:「お前にゃ無理だよ。無理すんなって、アクセプトが分かるはずがねえ。」
TM:「そんなこと言わないで教えろよ。」
SK:「じゃあ、これ聞いてみ。」
TM:「メタルハート?」

それから怒涛のごとく奴のテープをダビングして聴く。

SK:「とっておきの一枚がこれ、Defenders of the Faith 、ジュダスプリーストだ。」
TM:「Accept、Iron Maiden、Judas PristでなんでPurple Rainなんだよ。」
SK:「そこがお前の愚かしいとこなんだ。」
TM:「さっぱりわからん。」

当時は全くメタルなんて知らなかったから、マジでどれほどの物なのかは分かるはずもなかった。ネットなんてなかった時代だからね。中古レコード屋や貸しレコード屋にメタルコーナーが出来て置いてあったのを毎週チェックした。Walls of JericoからのRide the Sky、Helloweenを見つけた。それからは週一で通っては掘り出し物を探した。それが僕の懐かしい少年時代の良い思い出だ。
f:id:tak4ree:20151106230644j:image